「スケルトンログ構法」 「スケルトンドミノ構法」 の木材活用エコシステム

「スケルトンログ構法」「スケルトンドミノ構法」は, 杉檜など地域の人工林材を皮剥ぎ自然乾燥し,丸太の強度の高さを利用して大スパン架構の 公共建築や大断面軸組の住宅の構造材に用います.
余材の丸太を製材し, 自然乾燥した仕上材や下地材もエコロジカルな地域材です.幅接ぎ集成板は, 合板に代替する収納やテーブル,椅子などの家具用材です.
ストック性とフロー性の高いスケルトン&インフィルをつくる過程の, チップの混じらないバークは植桝などの有機肥料化が容易で, 樹皮の混ざらないチップはバイオマスエネルギーに,灰は自然農法へ活用出来, 副産物や廃棄物も含め,地球環境と地域資源を両立するサステナブルなエコロジーシステムです.

トップページへ