黒川哲郎

建築家・東京藝術大学名誉教授
1943年中国・北京生まれ、1966年東京藝術大学美術学部建築科卒業、1968年同大学院修士課程修了。
1979年デザインリーグと協働。2013年逝去、享年69。
部品開発、家具デザイン、街づくり、そして地球環境を視野に入れて建築活動を行った。
大型木造公共建築のための丸太立体トラス構法「スケルトンログ」と、
日本の気候風土と生活文化にそった住宅を
無垢の杉材でつくる半剛接軸組構法「スケルトンドミノ」を開発し、
多数の実作によって「林業と建築を結ぶ」を模索をした。
2004年日本建築学会賞(業績) 『地域材と地域技術による公共建築の木造化構法の開発と実践』で受賞した。
主な著書に『建築光幻学』(鹿島出版会、1977年) 『建築のミッション』(鹿島出版会、2012年)
『日本の木でつくる スケルトンドミノの家』(平凡社 、 2014年)がある。

主な建築作品

重箱住居
樹木希林の家
ツインハウス大江
甲斐公人邸
陣内外科
山本邸
竹田邸
日本運送本社オフィスデザイン
横浜博覧会Aゲート施設
フットワーク六麓荘倶楽部
警視庁上野警察署動物園前派出所庁舎
壼中天地V 陣内アトリエ
林野庁置戸営林署庁舎
吉祥寺駅末広通り自転車駐車場
壼中天地X 柏木邸
上津江村診療所・保健センター
大分県立日田高等学校新体育館
郡上八幡総合スポーツセンター
うきはアリーナ

主な家具・部品開発

ガラスブロック・オパリーン・デッキガラス
ドメスティックオフィス
TURNOVER
FLAPTOP
杉の子椅子
応接セットRS−191

トップページへ

一つ前のページに戻る