中津江村鯛生金山砂金採取場「月兎黄金」

撞木型井桁構造ユニットを梁間方向3ヒンジラーメン、
桁行方向2ヒンジラーメンで連続した6mスパンの複合ラーメン造
東洋一の出金量を誇っていた鯛生金山の坑内は,地底博物館として利用され,砂金採取場はそのリニューアルの一環,撞木造りが坑道をイメージさせ,雨避け兼用の籠編みと編み板からの光が,木漏れ日に包まれたかつての選鉱場を思わせます.