矢部村多目的ホール「木龍」

梁間方向に足元から立体トラスを桁行方向に41.4mの大スパンアーチを組んだ甲羅形の木造ドーム
村有林から第三セクターが伐採,森林組合が皮剥ぎ自然乾燥,の大工が加わり建設する地産地消の「杣の里」のシンボル施設.
柱脚から丸太の架構が立ち上がる純木造大規模建築は,林野庁の地域産材活用技術開発の補助を受け,交流施設を兼ね中学校に付設される.