簡体字版『スケルトンドミノの家』を手に取って

簡体字版『スケルトンドミノの家』を手に取って

簡体字版『スケルトンドミノの家』を手に取って

2014年5月に平凡社の「くうねるところにすむところ」の№34として出版した黒川哲郎の遺作日本の木でつくるスケルトンドミノの家の簡体字版(出版発行:清华大学出版社)が、平凡社より送られてきました。

口絵等はほぼ同じなのですが、左開きでレイアウトがなされていて、とても新鮮に感じられました。日本の出版物のほとんどは右開きで、自然科学系は左開きとなっているようですが、建築家の著作物に右開きが多いのは、日本の建築家の立ち位置の表れのひとつなのかもしれません。

漢字文化圏の、中国、台湾、韓国、越南など、それぞれの歴史や国情によって、それぞれの「国語」のスタイルも、時代と共に大きく変わっています。日本では漢文(古代中国語)を訓点によって日本語として理解する歴史・素養をもっていましたから、戦前までは、発音はできずとも内容はほぼ理解していたといえます。1950年に中国で簡体字が制定されて以来、日本人に馴染みの無い文字が登場し、今回、字面を追ってみても、雰囲気しか理解できず、それがかえって謎解きのようでとても面白く思われました。

タイトルは「用木头建造的骨架多米诺之家」で、スケルトン「骨架」と訳されていて、言い得て妙とはこのことかと膝をたたきました。一方、中国の建築界では、コルビュジエの『メゾンドミノ』を『多米诺屋』と呼んでいるようで、ドミノはそのまま「多米诺」と訳しているようです。

「スケルトンドミノ」のネーミングに、ある県の林業課の方から、「ドミノ倒しを連想させ、壊れやすいイメージがある」と指摘され、黒川は頭をかかえていましたが、それでもなお「ドミノ」というワードに強いこだわりをもっていました。その理由を求めて、『建築のミッション』の「第一章スケルトンドミノ 1.日本の木の家居の作法」を読み直してみました。

1970年代、設計のスタートを切った頃の心境を、

「チャールズ・ムーアのシーランチは、木造スケルトンのワンボックスの空間に、場的な自律的家具=ジャイアントファニチュアを組合せていて、私のイメージする「マトリックスプランニング」に最も近い実像を描いていました。しかし、当時の私は、地震国日本では、近代木造住宅の「軸組」に筋交いは不可欠で、生活の自由な場面転換や変容を可能にするのは、鉄骨造かRC造しかないと思い込んでいました」

デビュー作1972年『高島邸』を鉄骨造で、次いで1974年『黒田アトリエ』をRC造で設計した後、植田実氏編集の『都市住宅』誌全盛期の若い建築家の常として、『重箱住居』…『樹木希林邸』とRC造の住宅を次々と設計して「マトリックスプランニング」を求めていきます。しかし、1980年『甲斐邸』でRC造の「三次元グリッド」に空間をはらませようとしたとき、スケルトンを座標とする木造への必然性を確信します。そして舵を大きく木造へと切るのです。

日本の寺社建築や書院や茶室、そして民家のスタディを重ねてきた(1997年、日本板硝子協会創立50周年記念として出版された『まど―日本のかたち―』の編集委員を、松木一浩氏、安藤邦廣氏、八木幸二氏らと務めさせていただき、『風景と光景のかたち』を執筆して結実します)黒川は、欧米の近代建築と日本の木の空間・構法との関係に強く喚起され、

「ライトの『箱の解体』や、コルビュジエの『メゾンドミノ』、ミースの『フリープラン』に強い影響を与えた「日本の木の家」は、壁や開口部を構造から解放し、風の吹き抜ける気の空間を生じさせていた「軸の建築」を、いつの間にか見失い、今日ではそれをつくる技術さえ忘れ去らせています」

と述べます。そして、

「一方で、コルビュジエの、「ユニテダビシオン」の住戸ユニットを「ボトル」、RCラーメン構造のスケルトンを「ボトルラック」とする見立て、「メゾンシトロアン」のプレハブ化されたユニットを「パーツ」、スケルトンを「シャーシ」とする見立ては、「ボディ」としての建築の表現によりふさわしいと感じました」

と、コルビュジエの「ドミノシステム」の、部品の受け手としてのスケルトンへの共感を述べます。

黒川哲郎の「スケルトンドミノ」13件のケーススタディの道程は、近代建築の巨匠たちへのオマージュとして、それを木造=軸の空間で実践しようとしたのでしょう。まさに建築の脱近代の試みでしたから、やはり「ドミノ」というワードが必須であったことをうかがい知ることができました

建築家・黒川哲郎のブリコラージュカテゴリの最新記事