建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

ペリメータストラクチュアからスケルトンモノコックへ『部品化木造住宅 試作A棟』『いえづくり‘85誠和案』

ペリメータストラクチュアからスケルトンモノコックへ『部品化木造住宅 試作A棟』『いえづくり‘85誠和案』 前回、黒川...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

ペリメータストラクチュアの試み『田中邸』

ペリメータストラクチュアの試み『田中邸』 『山本邸』は、『置戸営林署庁舎』で使った「55%アルミ―亜鉛合金めっき鋼板...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

『置戸営林署庁舎』ガラスと金属板でフラッシュなサーフェイスをつくる

『置戸営林署庁舎』ガラスと金属板でフラッシュなサーフェイスをつくる 亜鉛鉄板会のPR誌【亜鉛鉄板】の1998年7・8...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

『置戸営林署庁舎』現場の高度技能と工場の高度技術の連携

『置戸営林署庁舎』現場の高度技能と工場の高度技術の連携 『置戸営林署庁舎』の掲載誌【新建築1979年2月号260頁】...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

「木造ドミノ」2方向半剛接で平面と空間の多様性を得る

「木造ドミノ」2方向半剛接で平面と空間の多様性を得る 黒川哲郎は、【建築雑誌1996年7月号109頁】で、大断面軸組...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

『樹木希林の家』の構造を語る―葛藤と自戒

『樹木希林の家』の構造を語る―葛藤と自戒 【新建築1979年2月号181頁】で、黒川哲郎は、「構造は、斜線のかかる部...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

ハイテクノロジーとハイテクニックの習合

ハイテクノロジーとハイテクニックの習合 【公共建築2000年1月号】「わたしが歩んだ道」で、黒川哲郎は、「1992年...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

「建築光幻学」透光不透視の世界

「建築光幻学」透光不透視の世界 前回に引き続き、藝大の先輩、宮脇檀氏は、【建築文化1977年9月号】の「建築家の書棚...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

『樹木希林の家』のパーソナルファブリケーション

『樹木希林の家』のパーソナルファブリケーション 東京藝術大学の宮脇檀氏が、【新建築1979年4月号】の「人間のための...
タイトルとURLをコピーしました