建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

ハイテクノのハイブリッドな集積

ハイテクノのハイブリッドな集積 『建築のハイテック・スタイル』(鹿島出版会1987)をお読みになった小宮山陽介氏が、...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

簡体字版『スケルトンドミノの家』を手に取って

簡体字版『スケルトンドミノの家』を手に取って 2014年5月に平凡社の「くうねるところにすむところ」の№34として出...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

地域の風景のプロトコルをなす地域の材

地域の風景のプロトコルをなす地域の材 大分県立美術館の「坂茂建築展-仮設住宅から美術館まで」(会期:2020年5月1...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

「新部品考」考 プロローグ――部分への思い入れ

「新部品考」考 プロローグ――部分への思い入れ 「建築知識」に連載した『新部品考』は、1980年5月号の「プロローグ...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

「なされなかった木の建築の近代化」と「野生の思考」

「なされなかった木の建築の近代化」と「野生の思考」 年明けにある展覧会に行って以来、『日本の木でつくるスケルトンドミ...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

グローバルな感応とブリコラージュ的構築

グローバルな感応とブリコラージュ的構築 この魅力的な文言は、前回「成長する部品」でご登場いただいた藤原徹平氏が、『住...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

成長する部品

成長する部品 『竹田邸』の改修の3年後に、『住宅特集』の連載「家をつくる図面」の第7回(2016年11月号)の取材を...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

日本の建築のアイデンティティを如何に持つべきかを、吉田五十八の作品と手法にみる

日本の建築のアイデンティティを如何に持つべきかを、吉田五十八の作品と手法にみる 『竹田邸』の改修の3年後に、『住宅特...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

「スケルトンドミノ」の4つのセルと6つのサブシステム

「スケルトンドミノ」の4つのセルと6つのサブシステム 竣工から26年を経た『竹田邸』では、子供たちの巣立ちという家族...
建築家・黒川哲郎のブリコラージュ

フォーミュラーハウス3連作の軌跡をスタディ

フォーミュラーハウス3連作の軌跡をスタディ フォーミュラーハウスのプロトタイプ『山本邸』、Ⅱの『菊地邸』に続く、『竹...
タイトルとURLをコピーしました